論文・学会発表 実績Article, presentation at the meeting

桐葉 論文一覧

日本臨床皮膚外科学会誌 SKIN SURGERY 24(3),141-151
『桐葉エキスの日本人の女性型脱毛症に対する育毛効果について』

2015年10月

FRAGRANCE JOURNAL 32(12),46-50
『女性の薄毛に関する研究とその動向について』
(特集/中高年のためのエイジングケアと香粧品開発)

2004年12月

FRAGRANCE JOURNAL 31(2),41-45
『桐葉エキスによる女性型脱毛症の治療』
(特集:最近の脱毛・育毛メカニズム研究と育毛剤の開発動向)

2003年2月

桐葉 学会発表一覧

第20回日本臨床毛髪学会学術集会
『新規育毛素材の女性型脱毛症に対する実験的、臨床的有効性について』

2015.12.5~6
高知

第20回日本臨床毛髪学会学術集会
『桐葉熱水抽出物の毛包への吸収について』

2015.12.5~6
高知

第18回日本臨床毛髪学会学術集会
『女性型脱毛症に対する桐葉エキスの病態・病期・年齢別有効性について』

2013.11.23~24
東京

第64回日本皮膚科学会 西部支部学術大会
『女性型脱毛症に対する桐葉エキスの有用性について』

2012.10.27~28
広島

第64回日本皮膚科学会 西部支部学術大会
『桐葉エキスの育毛メカニズムについて』

2012.10.27~28
広島

20th World Congress of Dermatology
『TOPICAL KIRI-LEAF(PAULOWNIA TOMENTOSA)-EXTRACT FOR FEMALE HAIR REGROWTH -A COMPARISON WITH CARPRONIUM CHLORIDE -』

2002.7.1~5
フランス パリ

第65回日本皮膚科学会 東京支部学術大会
『桐葉エキスによる女性型脱毛症の治療経験』

2002.2.16
東京

桑白皮 論文一覧

FRAGRANCE JOURNAL 42(6),33-37
『桑白皮エキスの育毛効果とまつ毛美容液への応用』

2014年6月

西日本皮膚科 59(2), 285-287
『育毛効果に影響を及ぼす因子について』

1997年4月

西日本皮膚科 58(5), 843-847
『FJ30ローションの男性型脱毛症に対する使用経験』

1996年10月

西日本皮膚科 58(4), 619-624
『桑白皮エキスの実験的、臨床的育毛効果について』

1996年8月

桑白皮 学会発表一覧

日本薬学会第119年会
『桑白皮中の毛周期変換能成分』

1999.3.29~31
徳島

19th World Congress of Dermatology
『TOPICAL SOUHAKUHI(MORUS ALBA) - EXTRACT FOR HAIR REGROWTH』

1997.6.15~20
オーストラリア シドニー

第96回日本皮膚科学会総会・学術大会
『桑白皮エキスによる男性型脱毛症治療の留意点について』

1997.4.11~13
岡山

第95回日本皮膚科学会総会
『FJ30ローションによる男性型脱毛症、びまん性脱毛症の長期治療経験』

1996.6.13~15
北海道

第13回日本臨床皮膚外科学会学術大会
『FJ30ローションによる男性型脱毛症の長期治療例について』

1995.10.15
栃木

The Society for Investigative Dermatology 56th Annual Meeting
『Effect of Souhakuhi(Morus Alba)Extract on the Hair Cycle of New Zealand White Rabbits.』

1995.5.24~28
アメリカ シカゴ

第94回日本皮膚科学会学術大会
『育毛効果に影響を及ぼす因子について』

1995.5.19~21
神奈川

第46回日本皮膚科学会西部支部総会・学術大会
『FJ30ローションの男性型脱毛症、びまん性脱毛症に対する使用経験』

1994.11.12~13
山口

第11回日本臨床皮膚外科学会
『桑白皮エキス、柿葉エキスの実験的および臨床的育毛効果』

1994.10.23
京都

第58回日本皮膚科学会東部支部学術大会
『桑白皮エキスのウサギ毛周期、培養ヒト毛包細胞に及ぼす影響』

1994.9.10~11
栃木

その他育毛剤 論文一覧

日本臨床皮膚科外科学会誌 SKIN SUEGERY 21(3),115-121
『直径比による簡便な育毛効果の定量的評価法』

2012年

FRAGRANCE JOURNAL 40(4) ,11-13
『女性にも有効な天然育毛原料“バンジロウ葉エキス”』

2012年4月

高知市医師会医学雑誌 121(12),2545
『フィナステリドによる男性型脱毛症の治療経験』

2011年11月

高知市医師会医学雑誌 6(1),88-92
『ミノキシジル外用男性型脱毛症患者の発毛状況について』

2001年3月

FRAGRANCE JOURNAL 23(10),41-48
『毛乳頭をめぐる育毛剤の新しい研究開発 毛包細胞からみた生薬の育毛効果』

1995年10月

その他育毛剤 学会発表一覧

第17回日本臨床毛髪学会学術集会
『加齢が女性型脱毛症の病態、育毛効果に及ぼす影響について』

2012.11.23
東京

第8回加齢皮膚科医学研究会
『加齢による女性型脱毛症の病態変化について』

2012.7.7
高知

第48回日本皮膚科学会西部支部総会・学術大会
『柿葉抽出フラボノイド配糖体(ルチン・イソクエルシトリンetc.)の実験的・臨床育毛効果』

1996.11.30~12.1
沖縄

第45回日本皮膚科学会中部支部学術大会
『柿葉エキスの実験的および臨床的育毛効果』

1994.10.29~30
京都

カイアポイモ 論文一覧

Biosci. Biotechnol. Biochem. 75(3),596-598
『The Effects of an Arabinogalactan-Protein from the White-Skinned Sweet Potato(Ipomoea batatas L.)on Blood Glucose in Spontaneous Diabetic Mice』

2011年3月

J. Agric. Food Chem. 58(22), 11593–11599
『Structural Characterization of Bioactive Arabinogalactan-protein from the Tuberous Cortex of the White-skinned Sweet Potato (Ipomoea batatas L.)』

2010年10月

Diabetes,Obesity and Metabolism 10(7), 586-592
『Improved metabolic control by Ipomoea batatas(Caiapo)is associated with increased adiponectin and decreased fibrinogen levels in type 2 diabetic subjects』

2008年7月

健康・栄養食品研究 9(1), 27-42
『白甘藷由来糖ペプチド含有錠菓の空腹時血糖障害(境界型)における有効性および安全性の検討』

2006年

Food Science and Technology Research 11(4), 369-372
『Effects of the White Skinned Sweet Potato (Ipomoea batata L.) on the Expression of Adipocytokine in Adipose Tissue of Genetically Type 2 Diabetic Mice』

2005年12月

Biofactors 22,149-152
『Effects of combination of Caiapo® with other plant-derived substance on anti-diabetic efficacy in KK-Ay mice』

2004年

Diabetes Care 27(2), 436-440
『Efficacy of Ipomoea batatas (Caiapo) on Diabetes Control in Type 2 Diabetic Subjects Treated With Diet』

2004年2月

Metabolism 52(7), 875-880
『Mode of Action of Ipomoea Batatas ( Caiapo ) in Type2 Diabetic Patients』

2003年7月

健康・栄養食品研究 6(1), 99-112
『白甘藷由来糖ペプチド含有錠菓の長期摂取による境界型および軽症2型糖尿病者の空腹時血糖値への影響』

2003年

FOOD Style21 6(2), 96-104
『ブラジル原産「カイアポいも」の抗糖尿病作用の研究』

2002年2月

DIABETES CARE 25(1),239-240
『The Effect of Ipomoea batatas(Caiapo) on Glucose Metabolism and Serum Cholesterol in Patients With Type 2 Diabetes』

2002年1月

日本栄養・食糧学会誌 54(4), 213-220
『白甘藷糖タンパクの境界型および軽症2型糖尿病者に対する空腹時血糖値改善効果の検討』

2001年8月

Biosci. Biotechnol. Biochem. 65(1),109-114
『Isolation of Antidiabetic Components from White-Skinned Sweet Potato (Ipomoea batatas L.)』

2001年1月

Biol. Pharm. Bull. 23(1),23-26
『Antidiabetic Activity of White Skinned Sweet Patato (Ipomoea batatas L.) in Obese Zucker Fatty Rats』

2000年

健康・栄養食品研究 2(2),58-69
『白甘藷糖たんぱく含有食品長期投与時の薬物治療経験のないNIDDMに対する適正用量及び有用性・安全性調査』

1999年

日本農芸化学会誌  72(9),1045-1052
『白甘藷(Ipompea batatas L.)の抗糖尿病作用-正常ラット,ストレプトゾトシン糖尿病ラット,および自然発症糖尿病マウスに対する作用比較-』

1998年9月

カイアポイモ 学会発表一覧

第40回国際糖尿病学会
『Improved Diabetes Contorol by Ipomoea batatas(Caiapo) in Type 2 Diabetic Subjects Treated with Diet』

2004.9.5~9
ドイツ ミュンヘン

第64回全米糖尿病学会
『Improved Diabetes Contorol by Ipomoea batatas(Caiapo) in Type 2 Diabetic Subjects Treated with Diet』

2004.6.4~8
アメリカ オーランド

第18回国際糖尿病学会
『The effect of Ipomoea batatas(Caiapo)on metabolic control in patients with Type 2 diabetes treated by diet』

2003.8.25~29
フランス パリ

第63回全米糖尿病学会
『Beneficial Effects of Ipomoea Batatas ( Caiapo ) on Metabolic Control in Patients with Type 2 Diabetes Treated by Diet』

2003.6.12
アメリカ ニューオーリンズ

第67回日本糖尿病学会 中部地方会
『白甘藷の血糖降下作用と分子メカニズムの解析1』

2003.3.15
宮城

日本農芸化学会2002年度大会
『白甘藷由来抗糖尿病成分におけるインスリン抵抗性改善作用の検討』

2002.3.24~27
宮城

第74回日本生化学会大会
『白甘藷由来抗糖尿病成分の免疫活性化の検討』

2001.10.25~28
京都

第36回欧州糖尿病学会
『IMPROVEMENT OF INSULIN SENSITIVITY AND GLUCOSE TOLERANCE IN TYPE-2 DIABETIC PATIENTS BY TREATMENT WITH CIAPO 』

1999.9.17~21
イスラエル エルサレム

第60回全米糖尿病学会
『Antidiabetic Effect of White Skinned Sweet Potato(Ipomoea batatas L.) in Obese Zucker Fatty Rat』

1999.12.6.9~13
アメリカ アントニオ

第60回全米糖尿病学会
『CAIAPO Improves Insulin Sensitivity and Glucose Tolerance in Type-2 Diabetic Patlents』

1999.12.6.9~13
アメリカ アントニオ

日本農芸化学会2000年度大会
『白甘藷(Ipomoea batatas L.)の肥満糖尿病Zucker fattyラットに対する影響』

1999.3.31~4.2
東京

日本農芸化学会1999年度大会
『Gold thioglucose肥満糖尿病マウスに対する白甘藷投与の影響』

1999.3.30~4.1
福岡

第41回日本糖尿病学会年次学術集会
『白甘藷による抗糖尿病作用-糖尿病マウスおよび高脂肪食摂取ラットに対する作用について-』

1998.5.20~22
和歌山

第52回日本栄養・食糧学会
『自然発症糖尿病(C57BL/Ksj-db/db)マウスおよび高脂肪食摂取ラットに対する白甘藷投与の影響』

1998.4.16~18
沖縄

日本農芸化学会1998年度大会
『正常マウスおよび自然発症糖尿病マウス(Yellow KK)に対する白甘藷投与の影響』

1998.3.31~4.3
名古屋

第40回日本糖尿病学会年次学術集会
『白甘藷による抗糖尿病作用-正常ラットとC57BL/Ksj-db/dbマウスに対する作用比較-』

1997.5.22~24
東京

日本薬学会第117年会
『正常ラットを用いた白甘藷単回投与によるインスリン分泌促進作用および糖負荷後の血糖上昇抑制作用』

1997.3.26~28
東京

日本薬学会第117年会
『白甘藷の抗糖尿病成分の精製』

1997.3.26~28
東京

第39回日本糖尿病学会年次学術集会
『白甘藷による抗糖尿病作用-STZ糖尿病ラット、yellowKKマウスにおける血糖降下作用について-』

1996.5.15~17
福岡

日本薬学会第116年会
『正常ラットを用いた白甘藷のインスリン分泌促進作用および糖負荷後血糖上昇抑制作用-活性成分の分画およびトルブタミドとの比較-』

1996.3.27~29
石川

日本薬学会第116年会
『白甘藷によるストレプトゾトシン糖尿病ラット及び自然発症糖尿病マウス(yellowKK)への血糖降下作用』

1996.3.27~29
石川

日本農芸化学会関西支部第393回講演会
『正常ラットにおける白甘藷のインスリン分泌促進作用』

1996.2.10
京都

にんにく 論文一覧

新薬と臨床 50(7),665-675
『アリシン含有にんにく製剤の薬理作用について』

2001年7月

FRAGRANCE JOURNAL 25(9),81-96
『ニンニクB1エキス配合入浴剤』

1997年9月

FRAGRANCE JOURNAL 23(7),95-104
『ニンニクB1エキス・カミツレエキス配合入浴剤における入浴効果』

1995年7月

FRAGRANCE JOURNAL 21(2),47-57
『ニンニクB1エキス入浴剤の保湿効果と保温効果ならびに皮膚炎に対する効果』

1993年2月

基礎と臨床 26(7),655-662
『アトピー性皮膚炎患者におけるニンニクB1エキス未配合石鹸の使用』

1992年6月

透析会誌 24(3),379-383
『透析患者の搔痒症に対するニンニクB1エキス配合浴用剤の効果』

1991年

皮膚 33(2),172-186
『ニンニクB1エキスの特性の検討ならびにアトピー性皮膚炎への臨床応用』

1991年4月

小児科臨床別刷 44(3),643-649
『アトピー性皮膚炎に対するニンニクB1エキスの薬効評価-Double Blind Test-』

1991年3月

小児科臨床別刷 44(3),650-658:1990-3
『アトピー性皮膚炎に対するニンニクB1エキスの薬効評価-Open Study-』

1991年3月

小児科臨床別刷 44(2),394-400
『アトピー性皮膚炎に関する研究
-第2編 ニンニクB1エキスの皮膚温、および皮表角層水分保持機能に及ぼす影響について-』

1991年2月

小児科臨床別刷 44(2),391-393
『アトピー性皮膚炎に関する研究-第1編 皮表角層の水分保持機能について-』

1991年2月

日本香粧品科学会誌 14(4),217-226
『ニンニクB1エキスの浴用剤としての有効性研究
-アトピー性皮膚炎への臨床応用-』

1990年12月

小児科臨床別刷 43(12),3012-3021
『アンケートによるアトピー性皮膚炎患者(1,967名)の実態およびニンニクB1エキス未配合浴用剤を用いた入浴療法の追跡調査』

1990年12月

日本小児皮膚科学会雑誌 9(2),215-226
『小児のスキンケア 石けん・入浴剤・シャンプー』

1990年11月

ビタミン 63(12),621-625
『Thiamin 及び Thiamin Tetrahydrofurfuryl Disulfideの経皮吸収』

1989年12月

基礎と臨床 22(18),6501-6506
『ニンニクB1エキス配合浴用剤のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響』-皮表角層水分量の変化-

1988年12月

にんにく 学会発表一覧

International Society of Exercise and Immunology 11th ISEI symposium
『Effect of extracted garlic powder ingestion for two months on exercise-induced immunological responses』

2013.9.9~9.12
オーストラリア

第157回日本体力医学会関東地方大会
『ニンニク搾汁液乾燥粉末の摂取が一過性自転車運動後の免疫応答、疲労に与える影響』

2013.3.30
東京

日本薬学会第117年会
『Helicobacter pyloriに対するAllicinの影響』

1997.3.27
東京

平成9年度 日本東洋医学関西支部例会
『植物性エキスの止痒効果とアトピー性皮膚炎への臨床的応用』

1997.10.26
大阪

第4回痒みのシンポジュウム
『ChamomillaおよびAllithiamineのbeta-hexosaminidaseの遊離抑制作用とChamomilla-Allithiamine入浴療法の臨床的応用』

1994.8.27
東京

第324回日本皮膚科学会 大阪地方会
『足趾末梢血液循環におよぼすGarlic Extract-Vitamin B1 Complex(GEB1),Thiamine Tetrahydofurfuryl Disulfide(TTFD),Allithiamine の研究』

1994.7.16
大阪

第18回日本小児皮膚科学会
『アトピー性皮膚炎におけるニンニクB1エキス入浴療法併用前後の外用ステロイド使用量の検討』

1994.6.11~12
東京

第24回大阪皮膚科臨床医会
『乾皮性湿疹におけるGarlic Extract-Vitamin B1 Complex 入浴療法』

1994.5.21
大阪

第8回皮膚科心身医学研究会
『アトピー性皮膚炎と水道水:自然水使用食生活にて一過性の軽快をみた乳児アトピー性皮膚炎と各種植物性エキスの遊離残留塩素除去作用』

1994.2.6
東京

第44回日本皮膚科学会 中部支部学術大会
『ニンニクB1エキスと他植物性エキス配合入浴剤の入浴時水道水残留塩素含量に及ぼす影響』

1993.11.27~28
三重

第15回国際栄養学会
『Does Garlic have Anti-Allergic Property 』

1993.9.26~10.1
オーストラリア アデレート

第3回痒みのシンポジュウム
『痒みと温熱性発汗異常-アトピー性皮膚炎患者と健常者の温浴後湯中アミノ酸分析定量値の比較検討-』

1993.9.5
大阪

第17回日本小児皮膚科学会
『ニンニクB1エキスの水道水残留塩素含量におよぼす影響』

1993.6.12~13
東京

第6回国際小児皮膚科学会
『Effect of warm bathing with Garlic Extracts-Vitamin B1 Complex on Atopic Dermatitis』

1992.6.8~11
カナダ トロント

第16回日本小児皮膚科学会
『アトピー性皮膚炎患者における温浴後の湯中アミノ酸分析定量とそれに及ぼすニンニクB1エキスの影響について(第2報)』

1992.5.23~24
東京

第42回日本皮膚科学会 中部支部学術大会
『アトピー性皮膚炎患者における温浴後の湯中アミノ酸分析定量とそれに及ぼすニンニクB1エキスの影響について(第1報)』

1991.11.30~12.1
兵庫

第15回日本小児皮膚科学会
『ニンニクB1エキス配合浴用剤及び石鹸のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響(第2報)』

1991.6.8~9
東京

第192回日本小児科学会 高知地方会
『アトピー性皮膚炎に対するニンニクB1エキス浴用剤の効果について』

1991.3.
高知

日本皮膚科学会 第175回東海地方会
『ニンニクB1エキス配合浴用剤のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響 ――Double Blind Test, 長期使用における評価――』

1991.3.21
名古屋

第27回日本小児アレルギー学会
『二重盲検によるアトピー性皮膚炎に対するニンニクB1エキス浴用剤の効果について』

1990.11.27~29
東京

日本皮膚科学会 第42回西部支部学術大会
『・アトピー性皮膚炎の患者背景 ・ニンニクB1エキス末配合浴用剤のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響』

1990.10.27~28
広島

第21回北摂四医師会 連合臨床討議会
『ニンニクB1エキスの特性の検討、並びにニンニクB1エキス配合入浴剤および石鹸のアトピー性皮膚炎やその他皮膚疾患絵の臨床的応用』

1990.7.14
茨城

第35回日本透析療法学会
『透析患者の皮膚掻痒に対するニンニクB1エキス配合浴用剤の検討』

1990.7.7~8
神奈川

第14回日本小児皮膚科学会
『ニンニクB1エキスの特性の検討、並びにニンニクB1エキス配合入浴剤および石鹸のアトピー性皮膚炎やその他皮膚疾患絵の臨床的応用(第2報)』

1990.6.9~10
東京

第14回日本小児皮膚科学会
『ニンニクB1エキス配合浴用剤を用いた入浴療法のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響』

1990.6.9~10
東京

第296回日本皮膚科学会 大阪地方会
『ニンニクB1エキスの成分分析および皮膚水分保湿、保温作用と
皮膚細菌への影響の検討並びにアトピー性皮膚炎やその他皮膚疾患への臨床的応用に関して(第1報)』

1989.12.16
兵庫

第1回四国小児喘息・アレルギー研究会
『アトピー性皮膚炎患者の皮表角層水分保持機能及びニンニクB1エキス配合浴用剤のアトピー性皮膚炎に及ぼす影響』

1989.7.9
香川

第91回日本皮膚科学会 四国地方大会
『アトピー性皮膚炎の表皮水分保持機能及びニンニクB1エキス含有入浴療法の試み』

1988.11.22
徳島

コタラヒムブツ 論文

J.Nat.Prod. 71(6),981-984
『α-Glucosidase Inhibitor from Kothalahimbutu(Salacia reticulata WIGHT)』

2008年6月

Biosci. Biotechnol.Biochem. 72(7),1962-1964
『Hypoglycemic Effect of 13- Membered Ring Thiocyclitol, a Novel α-Glucosidase Inhibitor from Kothala-himbutu(Salacia reticulata)』

2008年

日本食品化学工学会誌 55(10), 481-486
『コタラヒムブツエキス含有飲料過剰摂取時の健常者、境界型および軽症2型糖尿病者に対する安全性』

2008年10月

日本病態栄養学会誌 11(3), 271-281
『コタラヒムブツエキス含有飲料の単回および長期摂取時の空腹時血糖正常高値者、境界型および2型糖尿病者に対する有効性ならびに安全性の検討』

2008年10月

酵素 論文

日本予防医学会雑誌 9(3),123-131
『酵素サプリメントの摂取がヒトの腸内環境に及ぼす影響』

2014年12月

酵素 論文

日本家禽学会
『腸管吸収上皮形態の構造変化に着眼した酵素添加物の作用点解明』

2013.3.29
広島