コタラヒムブツ研究室Kothalahimbutu

ご存じですか?メタボリックシンドローム

「たかが肥満」と油断していませんか?

メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪型肥満の他に、脂質異常、高血圧、高血糖など、2つ以上の症状を併せもった状態を言います。
1つ1つの症状は軽度でも、それらが重なり合ったメタボリックシンドロームの状態は、動脈硬化の進行を加速し、動脈硬化性疾患の発生率を高めると考えられています。

太ると病気になりやすい

欧米ほどではないにせよ、ここ数年の間に、日本の肥満人口は急激に増加しています。
中でも、肥満と糖尿病は密接に関係しており、肥満になると糖尿病の発症率は格段にアップします。
「たかが肥満」と油断していると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

あなたのBMIは?

肥満を簡単に判定する指標として、多く用いられるのが、「BMI(ボディ・マス・インデックス)」です。
これは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出されます。日本肥満学会では、最も病気にかかりにくい値である22を標準とし、25以上を超えていたら要注意です。
簡単ですから、ぜひやってみてください。

BMI指数計算

身長、体重を入力してください。
身長
cm
体重
kg

あなたのBMI指数は (標準値は22.0)です。

この身長の普通体重は kgです。

18.5未満

低体重(やせ)

18.5~25未満

普通体重

25~30未満

肥満(1度)

30~35未満

肥満(2度)

35~40未満

肥満(3度)

40以上

肥満(4度)

血糖値と糖尿病

食事をすると、食べ物に含まれる糖質は、ブドウ糖にまで分解され吸収されます。その後、血液中に入ります。この血液中のブドウ糖の量を「血糖値」といいます。
食後の血糖値は誰もが上昇しますが、主に、膵臓から分泌されるインスリンの働きによりコントロールされており、糖代謝が正常な方であれば2~3時間以内に食前の血糖値に戻ります。
ところが、糖尿病の方は血糖値を調節することができず、高血糖状態が続くことになります。ただ、糖尿病の初期段階では、ほとんど自覚症状もないため、まだ大丈夫と放置してしまいがちです。
糖尿病の本当の怖さは、その結果生じる合併症(動脈硬化、網膜症、腎障害等)によって著しいQOL(生活の質)の低下を招くことにあるといえます。

食後血糖値

糖尿病の診断基準には、主に空腹時血糖値やHbA1cが用いられますが、他に重要視されているのが「2時間血糖値」です。
「2時間血糖値」とは、75gブドウ糖液を飲用してから2時間後の血糖値のことをいいます。正常な方(空腹時血糖値 110 mg/dl未満)は 140 mg/dlを超えることはほとんどありませんが、糖代謝悪化の初期段階には、この「2時間血糖値」の上昇がみられるようになります。この食後血糖値が下がりにくくなった状態、つまり食後高血糖は糖尿病発症の危険性を高めることにつながるといえます。
日々の何気ない食生活、「食後血糖値」の変化にもご注意ください。